弁護士法人 新潟第一法律事務所 新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

私たち新潟第一法律事務所は、交通事故被害にあわれた方の強力なサポーターです。

新潟第一法律事務所が選ばれる6つの理由

(1)新潟県内5拠点+東京で対応可能 (2)1978年創設以来600件以上の解決実績 (3)事故直後から安心のサポート対応が可能です (4)約20年の経験を持つ弁護士を中心としたチーム対応 (5)わかりやすい料金体系 (6)依頼者目線で親身にご説明します

  • 相談料無料
  • 着手金無料 ※条件有り
  • 年間受任件数 120件以上
  • 相談件数 1200件以上
  • 解決件数 600件以上 ※直近10年

交通事故にあわれたらお早めに弁護士に相談してください。

相談料無料 無料相談する

フリーダイアル 0120-15-4640 フリーダイアル 0120-15-4640

交通事故被害にあったときは、できるだけ早く弁護士に相談しましょう。早く相談することで、多くのメリットがあります。交通事故被害にあったときは、できるだけ早く弁護士に相談しましょう。早く相談することで、多くのメリットがあります。

新潟第一法律事務所 交通事故チーム

新潟の交通事故被害者のみなさまへ

 

理事長 和田光弘


top_32

 

弁護士法人新潟第一法律事務所は、24名の弁護士が所属する新潟県で最大規模の法律事務所です。

 

新潟市の本部のほかにも、燕三条、長岡市、新発田市、上越市、東京都の各拠点で、交通事故チームの弁護士を中心に、数多くの交通事故事件を扱っています。

 

私は、新潟市でこれまで多くの交通事故を取り扱ってきました。私は交通事故の被害者のみなさまによくこう言います。


「交通事故で傷ついた身体や機能は、どんなに頑張っても戻らないことがあります。それだけに、交通事故により失われた時間や将来の痛みに対する賠償はきちんとしてもらう権利があります。」

 

「弁護士費用も、賠償が遅れたことに対する損害金も、本来は交通事故の加害者の負担で賄うべきものです。その前提で、請求してよいのです。」


私たち弁護士にとっては実に当たり前のことですが、新潟の県民性なのか、そのような交通事故被害の適正な賠償請求すら「請求しても大丈夫か」とためらわれる方がいらっしゃいます。

 

私たち弁護士法人新潟第一法律事務所に所属する弁護士の使命は、新潟の交通事故の被害者のみなさまに、慰謝料を始めとした適正な賠償金を受け取っていただき、交通事故の被害を受けた後の生活に、希望を持っていただくことだと考えています。


交通事故事件に長年携わってきた弁護士として、交通事故の被害に遭ったら、できるだけ早い段階に新潟第一法律事務所の交通事故チームの弁護士へ相談していただくことをおすすめします。

 

理事長 古島実

 

top_33

 

私は、新潟で弁護士として20年近く活動してきました。その中で、数多くの新潟の交通事故に関わりました。現在では、弁護士法人新潟第一法律事務所において、交通事故チームの責任者として、交通事故の被害者への相談やサポートを行っています。

 

一言に交通事故の被害といっても、物損事故から、被害者が傷害を負うような交通事故、交通事故の被害者が不幸にして亡くなってしまうような死亡事故まであります。傷害事故も、後遺症が残るような重大な交通事故から、むちうちが残るような交通事故まで様々です。

 

私が地元新潟の弁護士として、多くの新潟県内の交通事故にかかわってきてわかったことは、交通事故の被害に遭われたみなさまの痛みは実に様々であるということ、そして、交通事故による痛みを和らげるために、私たち弁護士が多くの場面で交通事故の被害者の力になれるということです。直面される困難も、交通事故が発生した直後から時間の経過とともに異なってきます。


交通事故の被害にあったときに、正当な賠償金を獲得することも大切ですが、賠償金や慰謝料を請求することだけでは解決ができない不安や問題もたくさんあります。そのような交通事故の被害者の不安に対して、弁護士あるいは法律事務所が広く相談に乗れる体制もまた重要だと考えています。

 

私たち新潟第一法律事務所の交通事故チームの弁護士は、新潟の交通事故の被害者に対するトータルペインケア、すなわち、単なる交通事故の被害者の損害賠償をサポートするだけでなく、交通事故の被害に遭ったことに伴う精神的な負担を始めとして、総合的に被害者をサポートできる弁護士を目指しています。


新潟の交通事故被害に遭われた方の痛みにずっと寄り添うために、新潟で交通事故を取り扱う弁護士として、適切な時期に適切なアドバイスとサービスを提供することを目指します。

 

交通事故被害者が弁護士に依頼するメリット

実は保険会社が最初に交通事故の被害者へ提示する賠償額は、本来交通事故の被害者に支払われるべき賠償額よりも低いことが通常なのです。

交通事故の被害に遭った場合、交通事故の被害者は、賠償金等について、保険会社と交渉することになります。
保険会社としては、保険支払額を抑えたいと考えて、大多数のケースで当初は、交通事故の被害者に対し、比較的低めの賠償額を提案してきます。

そのような提案を受けた交通事故の被害者としては、「保険会社が提案するのだから、そんなものか」「交通事故のプロである保険会社が提案してきたのだから、初めから満額の提案をしてくれるのだろう」と思って、弁護士に相談することなく示談に応じてしまうことも少なくありません。
また、保険会社の示談金の提案に疑問を持ったとしても、弁護士は離婚やお金の貸し借りのトラブルのときに依頼するというイメージがあり、交通事故の損害賠償や後遺障害について弁護士に相談するという発想に至らないというケースもあるでしょう。

しかし実は、このような場合にこそ交通事故の被害者のお力になれるのが弁護士なのです。
弁護士は、交通事故の被害者からの相談を受けて、保険会社からの提案が妥当なものかどうかを検討し、必要に応じて依頼を受けて、代理人として手続を進めていきます。

「保険会社から連絡が来るが、どのように対応したらよいか困っている。」
「保険会社から提示された示談の額が妥当なのかわからない。 」
「保険会社から治療を打ち切ると言われている。」
「保険会社から自分にも過失があると言われ納得いかない。」
「後遺障害の認定を受けるべきか迷っている。 」
「後遺障害認定を受けられず納得がいかない。」
「後遺障害認定を受けたが、認定された後遺障害等級に不満がある。」

このような場合は、サインする前に交通事故の専門家である弁護士に相談してみませんか。

新潟第一法律事務所は、新潟市の本部のほか、長岡市、燕三条、新発田市、上越市、東京都に事務所を開設する、新潟県内最大規模の法律事務所です。
不運にも交通事故の被害にあってしまった方々が、適正な賠償金を獲得できるよう、長年の経験とノウハウを駆使してサポートいたします。

どうぞ安心して私たち弁護士にご依頼ください。

 

長年の経験とノウハウでサポートいたします。

  • 事故直後から対応可能
  • 賠償金を増額できます
  • 保険会社対応の負担を軽減
  • 入院中にも適切なアドバイス

当事務所の弁護士による交通事故の解決事例

年間受任件数120件以上、後遺障害認定実績多数。新潟第一法律事務所の解決事例をご紹介年間受任件数120件以上、後遺障害認定実績多数。新潟第一法律事務所の解決事例をご紹介

部位別の解決事例

各部位ボタンをクリックしてください。部位別の解説と、新潟第一法律事務所の弁護士のよる解決事例をご覧いただけます。

「後遺症」と「後遺障害」

 

交通事故によりけがをして医療機関において治療を行ったとしても、けがの程度によっては、痛み・体の不自由(関節の用廃や可動域制限等)・骨の変形・大きな傷跡などが残ってしまうことがあります。これが「後遺症」です。

医師は、これ以上治療を続けても良くならない状態になったときには、治療を終了します。この「これ以上治療を続けても良くならない状態」のことを症状固定といいます。交通事故の被害による後遺症が、自賠責保険による後遺障害等級に認定されると「後遺障害」となります。
このように全ての後遺症が、後遺障害に該当するわけではありません。

 

後遺障害認定の種類

 

交通事故の被害による後遺障害は、その程度に応じて、自動車損害賠償保障施行令2条別表によって等級が定められています。最も重い1級から最も軽い14級までの14等級に区分されています(一般に「後遺障害等級」といわれるものです。)。
後遺障害等級は、まず、身体の部位ごとに大きく10種類に区分されます。具体的な区分は、眼、耳、鼻、口、神経系統・精神、頭部・顔面・頸部、外生殖器を含む胸腹部臓器、体幹(脊柱・その他体幹骨)、上肢(肩、肘、手、指)、下肢(股関節、膝、足、足指)です。

そして、さらに生理学的な観点から、35種類の系列に細分されます。

 

後遺障害は誰が認定するの?

 

前述のとおり、交通事故の被害に遭いけがをした結果、これ以上治療を続けても良くならない状態になった場合には、症状固定とされ、その症状を後遺症といいます。交通事故の被害によって後遺症が残ると、通常医師は後遺障害診断書を作成します。後遺障害診断書は自賠責保険で定められた所定の書式を使用します。
後遺障害等級は、主治医の後遺障害診断書等をもとにして損害保険料率算出機構またはその下部組織の調査事務所による審査を経て認定されます。
ここで注意しなければならないことは、必ずしも医師は後遺障害認定の内容について詳しいとは限らないということです。医師は、治療をすること、治すことを最終目的として仕事をしていますから、必ずしも後遺障害の専門家ではないのです。後遺障害等級の制度は、あくまで法律で定められた制度なので、やはり後遺障害等級の専門家である弁護士によるサポートが欠かせないのです。
後遺障害診断書は、放っておくと相手方の保険会社の主導で作成されます。保険会社は、より被害者の有利になるように後遺障害診断書を作成するように手伝ってくれることはありませんので、誤った内容の後遺障害診断書が作成されることもあります。
後遺障害の専門家である弁護士のサポートが得られれば、交通事故の被害者の主導により、真に適正な後遺障害診断書を作成することができます。
いったん誤った後遺障害診断書が作成されると、誤っているとはいえ医師が作成したものですので、その内容が重視され、独り歩きします。いったん独り歩きしてしまった後遺障害診断書を後から修正することは容易ではありません。

 

後遺障害が認定された場合の賠償額は?

 

後遺障害と認定されると、傷害(入通院)慰謝料とは別途、後遺障害等級に応じた慰謝料が支払われます。慰謝料の金額は、後遺障害等級ごとに定められています。また、後遺障害を残したために将来における収入減が見込まれる方については、逸失利益が支払われます。逸失利益とは、後遺障害がなければ、得られたはずの所得・収入のことをいいます。

後遺障害が残るとその障害により労働能力が低下し、将来にわたって給料が減額されるため、その減額分を損害と考えるのです。逸失利益は、労働能力の低下の程度、収入の変化、将来の昇進・転職・失業等の不利益の可能性、日常生活の不便等を考慮して算定されます。

そして、後遺障害等級1級や2級に該当するような重大な障害の場合には、将来における介護費用が支払われる場合があります。
そのため、後遺障害が認定されると賠償金の総額が大幅にアップします。また、後遺障害等級が高くなればなるほど、障害の程度が大きくなりますから、その分賠償金の額も大きくなります。

 

弁護士のサポートが不可欠です

 

相手方の保険会社は、後遺障害等級の獲得に必ずしも協力してくれるわけではありませんし、必ずしも医師に任せておけば安心というわけでもありません。後遺障害認定は、法律論の側面もありますので、弁護士によるサポートが欠かせないのです。

 

詳細を見る

最新情報

すべて
コラム
お知らせ
セミナー
解決事例

外傷性頚部症候群、いわゆる「むちうち」の例

外傷性頚部症候群、いわゆる「むちうち」の例

信号待ちで停車中に追突され
約8ヶ月間の通院治療。

保険会社提示額:70万円

弁護士が示談交渉を進め、
後遺症等級14級の
認定を受けた上で、
賠償額280万円での示談へ。

最終賠償額:280万円

新潟県内にご在住の方からご依頼をいただいた事案です。

 

この事案のご依頼者様は、信号待ちで停車中に後ろから追突され、約8か月間の通院治療を行いました。

保険会社より治療を打ち切られ、賠償額70万円の提示を受けたところで、新潟第一法律事務所の交通事故チームの弁護士にご依頼をいただきました。


弁護士が示談交渉を行って話を進めて自賠責へ被害者請求を行い、後遺症等級14級の認定を受けた上で、再度、裁判所基準に基づいて交渉を行いました。

結果として、賠償額280万円での示談が成立いたしました。

交通事故チームの弁護士からのコメント

新潟第一法律事務所にご相談にいらっしゃった際には、病院でのレントゲン検査の結果に異常がないために、交通事故による後遺症の認定をあきらめていた方でした。

 

しかし弁護士が状況を確認したところ、交通事故による後遺障害が認定される見込みがあると判断できました。

そこで当事務所で被害者請求を行い、示談交渉を行うことにより、賠償額の増額に成功したケースです。

 

いまでも交通事故による痛みは残っていて、たまに通院しているということでしたが、それでもまとまった賠償金を取得できたので、経済的な不安はなくなったとお話しされていたのが印象的でした。

保険会社から示談案が提案されている方へ 損害賠償金無料診断サービス

交通事故に遭い、すでに「保険会社から示談案が提案されている方」へのサービスです。相談時に、保険会社から提案されている示談案をご持参ください。弁護士がその内容が適切なのかどうか確認し、裁判基準に基づく賠償金額の目安をご提示します。

新潟第一法律事務所では、交通事故の被害者から事情をお聞きした上でより適切な賠償額の見通しを示すために、弁護士がご本人と直接面談の上で、診断結果をお知らせしています。

Q. 電話で弁護士と無料相談できますか?
A. 新潟第一法律事務所事務所では、弁護士による電話相談は行っていません。交通事故の問題について適切な相談を行うためには、弁護士が直接、実際に交通事故に遭われた被害者に面談し、状況を確認する必要があると考えているからです。

悩むよりも、まずご相談ください悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

相談料無料 無料相談する

フリーダイアル 0120-15-4640

お電話からのご予約はこちら フリーダイアル 0120-15-4640

相談料無料 無料相談する

受付時間
9:00~17:00
17:00~19:00

 

最初に「交通事故の件で弁護士と相談したい」と仰っていただくと、ご予約がスムーズに進みます。

弁護士とのご相談までの流れ

相談予約

予約専用のフリーダイヤルにお電話いただくか、予約専用フォームからご連絡ください。

担当者がお名前、交通事故日、交通事故の相手方など基本的な情報を確認させていただき、弁護士との相談日の日程調整を行います。弁護士の指名などご希望がございましたら担当者にお申しつけください。

面談相談 相談料無料

弁護士との面談

事務所に直接お越しいただき、弁護士と面談していただきます。

当事務所は新潟市の本部のほか、燕三条、長岡市、新発田市、上越市、東京都に支所がございますので、お近くの事務所で弁護士とご相談いただくことが可能です。
弁護士と相談したからといって、必ず依頼しないといけないわけではありません。弁護士との相談で解決する場合もありますし、弁護士にご依頼いただくかどうかご自宅で検討していただいて結構です。

弁護士との相談料は何度でも無料です。

 

面談での相談が難しい場合は?

たとえば、交通事故にあったご本人が入院中であったり、重度の後遺症を負ったなどの事情で、当事務所まで来ていただくことが困難な場合には、まずは、ご相談可能な方(配偶者、ご親族など)が弁護士とご相談ください。
ご事情により、弁護士が直接、病院等へ伺うケースや、別途、成年後見等の手続が必要となる場合がございます。
面談時に当事務所の弁護士にご相談ください。

依頼 着手金無料(条件あり)

交通事故事件の解決までの流れ

事故発生

警察への連絡、被害者の加入している保険会社への連絡、けがに対する早期の治療開始。

 

交通事故の被害に遭ったら、まずは警察に連絡をし、救急車を呼んでけがの治療を最優先に行ってください。その後、保険会社へ連絡をしてから、弁護士にご相談ください。


交通事故の被害にあっただけで弁護士に相談する必要があるの?そう思われる方も少なくないかもしれませんが、交通事故の直後の対応がとても重要です。
交通事故の直後に必要な検査を行ったかどうか。医師に症状をしっかりと伝えられているかどうか。このような交通事故の直後の対応が適切かどうかで、後遺障害認定や損害賠償金額に関し結論が大きく変わることもあるからです。

弁護士にご相談いただければ、交通事故の直後の対応について詳しくアドバイスいたします。

治療から症状固定まで

まずは治療に専念してください。

 

治療中も、保険会社との交渉、後遺障害の認定、あるいは裁判なども視野にいれて、弁護士が必要なアドバイスを行います。


特に重度の人身事故の場合には、保険会社との間で様々な調整・手続きが必要となります。早期に弁護士が代理・サポートすることで、安心して治療に専念することができます。
治療によってケガが治ることもあれば、治療を進めた結果、これ以上治療を継続しても良くならない状態となることもあります。この状態を「症状固定」といいます。

後遺障害の有無の判定

弁護士が、医師による後遺障害診断書の作成をサポートします。

 

交通事故による後遺障害が適切に認定されるように準備をします。

医師は、必ずしも後遺障害認定の専門家ではありません。誤った後遺障害診断書が作成されると取り返しのつかないことになることもあります。したがって、後遺障害診断書の作成には、後遺障害の専門家である弁護士によるサポートが重要となります。


後遺障害が不当に認定されない場合や、認定された後遺障害等級が不当に低いという場合には、弁護士が異議申立てを行い、適正な後遺障害等級が得られるよう手続きをとります。医療記録を精査し、医師とも相談の上で、後遺障害診断書を作成を依頼し、交通事故による後遺障害等級の認定が適正になされるよう、交通事故の被害者のみなさまを弁護士がサポートします。

示談交渉・裁判

場合によっては、裁判が必要になります。

 

交通事故による後遺障害が認定された場合には、後遺障害等級に応じた損害賠償請求を弁護士が行います。
後遺障害等級が認定されて初めて全ての損害額が確定し、保険会社に対する損害賠償請求の交渉が本格的にスタートします。
交通事故で傷ついた体で交渉事のプロである保険会社と交渉を行うことは、想像以上に大変なことです。弁護士にお任せいただければ、交通事故に関する保険会社との交渉は全て弁護士が行います。弁護士は、認定された後遺障害等級に応じた適正な賠償金を受け取ることができるように全力を尽くします。

 

全ての案件が裁判になるわけではありません。交通事故による後遺障害の有無に争いがある場合や、損害賠償額に大きな隔たりあって交渉しても話が進まない場合には、裁判が必要になります。
裁判を起こすかどうかは、裁判を起こした場合の見通しや、裁判にかかる負担などを弁護士がご説明し、交通事故の被害者の皆様と協議した上で決定します。

 

交通事故に関する裁判では、通常月に一回程度、裁判所において口頭弁論や弁論準備手続き(互いの主張や証拠を整理する手続き)が開かれます。

口頭弁論といっても、弁論は弁護士が代理人として書面を提出することで行われます。交通事故の損害賠償請求のような民事の裁判は、弁護士を代理人に選任すれば、通常は、弁護士のみが裁判所に出頭すれば足り、必ずしも交通事故の被害者の皆様が裁判所に出頭する必要がありません。交通事故の当事者が出頭する必要があるとしたら、裁判所で尋問を行う場合などです。交通事故の裁判の場合には、尋問や判決まで至らずに和解で終了することもあります。和解ができない場合には、必要であれば尋問を実施し、判決に至ります。

 

解決

どの段階でもご相談していただけます

弁護士法人 新潟第一法律事務所事務所のご紹介

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

保険会社から示談案が提案されている方へ 損害賠償金無料診断サービス

すでに「保険会社から示談案が提案されている方」へのサービスです。相談時に、保険会社から提案されている示談案をご持参頂くと、弁護士との面談の上で、その内容が適切なのかどうか、また、裁判基準に基づく賠償金額の目安を示すサービスです。
当事務所では、事情をお聞きした上で、より適切な賠償額の見通しを示すために弁護士がご本人と直接面談の上で、診断結果をお知らせしています。

Q. 電話での無料相談はやっていますか?
A. 当事務所では、電話相談は行っていません。弁護士が、交通事故の問題について適切な相談を行うためには、弁護士が直接、実際に事故に遭われた被害者に面談し、状況を確認する必要があると考えているからです。

悩むよりも、まずご相談ください悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

相談料無料 無料相談する

フリーダイアル 0120-15-4640

お電話からのご予約はこちら フリーダイアル 0120-15-4640

相談料無料 無料相談する

受付時間
9:00~17:00 -
17:00~19:00 - - -

「新潟交通事故被害者相談サイト」について

本サイトは、新潟の皆様に、交通事故に関する基本的な知識を提供することを目的に、新潟第一法律事務所が運営しています。
新潟県内の皆様に、交通事故の法律問題に関する情報をご提供し、一人でも多くの方に、弁護士に相談するという選択肢を検討して頂くためのサイトです。

Copyright(c) Niigata Daiichi Law Office

弁護士法人 新潟第一法律事務所
Copyright(c) Niigata Daiichi Law Office

ページの先頭へ
頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足