弁護士法人 一新総合法律事務所 新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

コラム

2020.04.08

眼に関する後遺障害

眼の構造図

 

 

はじめに

人は、様々な器官から情報を取り入れていますが、眼からの情報は80%とも言われており、人にとって眼は重要な器官となります。

 

眼に関する後遺障害は、自賠責保険において、次の2つに大別されます。

 

眼球の障害

視力障害

調節機能障害

運動機能障害

視野障害

まぶたの障害

欠損障害

運動障害

 

 

眼球の障害・まぶたの障害のいずれも、眼球やまぶたに対する直接の外傷によって眼球・まぶたの機能に障害を残した場合を前提にしています。

 

そのため、頚部のむち打ち症によっても,頚部交感神経に異常をきたすことにより、視力障害や調節機能障害を発症することがありますが(ホルネル症候群とも言います)、これは眼球に対する直接の外傷ではないため、眼球の障害の対象とはなりませんので、注意が必要です(この場合には、神経系統に関する後遺障害の該当性が問題となります)。

但し、高次脳機能障害によって半盲の視野障害が生じた場合には、高次脳機能障害での等級認定に加え、視野障害に関する等級認定がなされ、併合等級が認定される場合があります。

 

また、眼・まぶたに関する後遺障害は、別系統の障害として評価されるため、例えば、視力障害と視野障害の2つの障害が残った場合、併合ルールに従って併合等級が決定されることになります。

但し、視力障害については、両眼と一眼の後遺障害の等級がそれぞれ規定されているため一眼ごとの視力障害の等級を併合することはしません。

 

 

眼球に関する障害

1 視力障害

視力障害は、眼球打撲傷や黄斑部(網膜のうち視細胞が最もきめ細かく配置されている箇所)の受傷によって生じます。

 

視力障害の等級は、以下のとおりに整理されます。

 

両眼

 両眼が失明したもの

1級1号

 1眼が失明し,他眼の視力が0.02以下になったもの

2級1号

 両眼の視力が0.02以下になったもの

2級2号

 1眼が失明し,他眼の視力が0.06以下になったもの

3級1号

 両眼の視力が0.06以下になったもの

4級1号

 1眼が失明し,他眼の視力が0.1以下になったもの

5級1号

 両眼の視力が0.1以下になったもの

6級1号

 1眼が失明し,他眼の視力が0.6以下になったもの

7級1号

 両眼の視力が0.6以下になったもの

9級1号

一眼

 1眼が失明し又は1眼の視力が0.02以下になったもの

8級1号

 1眼の視力が0.06以下になったもの

9級2号

 1眼の視力が0.1以下になったもの

10級1号

 1眼の視力が0.6以下になったもの

13級1号

 

ここにいう視力とは、裸眼視力ではなく矯正視力を言います。

矯正視力とは、眼鏡・コンタクトレンズ・眼内レンズのいずれでも適用になります。

但し、コンタクトレンズについては、医師の管理下で、3ヶ月間の試行的な装用が必要になります。

 

「失明」とは、眼球を亡失したもの、あるいは、眼球を残していても暗明をようやく弁じることができる程度の視力を言います。

 

視力は、原則として万国視力表を用いて計測することになります。

 

 

なお、両眼に障害を負った場合に、一眼ごとの等級を定めて併合することはしませんが、両眼の視力が0.6以下となったときの等級(9級)よりも、一眼の視力が0.02以下となったときの等級(8級)の方が重度であることから、一眼の視力が0.02以下であれば8級として認定されることになります。

 

※障害年金制度との比較

障害年金の等級とは一致していませんので、注意が必要です。

 

障害年金の受給要件

自賠責制度

1級

両眼の視力の和が0.04以下

2級1号でも左記要件を満たすことがあります。

2級

両眼の視力の和が0.05以上0.08以下

4級1号や5級1号でも左記要件を満たすことがあります。

3級

両眼の視力が0.1以下

6級1号でも要件を満たすことになります。

 

2 調節機能障害

調節機能障害は、外傷によりピント調節機能を担う水晶体が損傷することによって生じる後遺障害です。

外傷性白内障との診断がなされることが通常です。

 

調節機能障害の等級は、次のとおりです。

 

両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの 11級1号
1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの 12級1号

 

上記の認定基準にある「著しい調節機能障害を残すもの」とは、受傷により障害が残った眼の調節範囲が障害の無い方の眼の2分の1以下に減じてしまった状態のことをいいます。

具体的には、アコモドポリレコーダー(調節機能検査装置)で調節機能の検査をします。

左右を3回以上測定して比較します。

 

また、両眼を受傷している場合や、受傷した眼は一眼でも比較対象となる他眼の調整範囲にもともと異常がある場合は、年齢別(5歳ごと)に標準値を定めた「調整力値」との比較により判断されます。

年齢別になっているのは、加齢によって調節機能が低下することが理由になります。

 

年齢

15

20

25

30

35

40

45

50

55

60

65

調節力

9.7

9.0

7.6

6.3

5.3

4.4

3.1

2.2

1.5

1.35

1.3

 

なお、受傷した眼の調節力がこの表により2分の1以下となっていても、受傷していない他眼の調節力に基づく年齢を上回っている場合には、実質的な調節力を減じていないとして、調節機能障害は認められないことになります。

例えば、受傷していない眼の調節力が2.1である場合、50歳以上の年齢に相当する調節力の低下が認められるため、受傷者の年齢が50歳以上であるときには、受傷した眼の調節力の数値に関わらず、後遺障害には該当しないことになります。

 

3 運動障害

眼球に対する外傷によって、眼球を動かす神経に障害を及ぼすことで運動障害が生じます。

 

眼球を動かす筋肉(眼筋)に関する神経には、

①内側・上・下・下斜に眼球を動かす運動に関係する動眼神経

②上斜に眼球を動かす運動に関係する滑車神経

③外側に眼球を動かす運動に関係する外転神経

があります。

それらの神経に麻痺が生じると、眼筋の緊張状態が崩れて眼球に偏位が生じ、斜視の症状が生じます。

 

具体的な検査方法ですが、頭部を固定し、眼球のみを動かすことによって見える範囲(注視野)を測定することによって行います。

正常であれば、単眼視では各方向50度(8方向で計測しますので合計400度)、両眼視では各方向45度(8方向で計測しますので合計360度)になります。

計測の結果、注視野が正常値よりも2分の1以下となっていれば後遺障害に該当することになります。

 

両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの

11級1号

1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの

12級1号

 

 

動眼神経麻痺の障害がある場合、複視の症状が見られることが多いと言われています。

複視が認められる場合には、後遺障害に該当することになります。

 

複視であるかどうかは、ヘススクリーンテストにより測定されます。

ヘススクリーンテストとはヘスコージメーターと呼ぶ検査機器を使い、指標を赤緑ガラスで見たときの片目の赤像、他眼の緑像から両眼の位置ずれを評価する検査方法を言います。

障害のある側の像が水平方向又は垂直方向の目盛で5度以上離れた位置にあることが確認されると複視の後遺障害が認められることになります。

 

正面を見た場合に複視の症状を残すもの

10級2号

正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの

13級2号

 

4 視野障害

視野とは、眼前の一点を見つめている状態で、同時に見ることができる外界の広さを言います。

眼に入った情報は、網膜から視神経を通じて脳内に伝達されますが、外傷により網膜や視神経が障害されると、情報がうまく脳に伝わらず、視野障害が生じることになります。

 

正常な視野は,次のとおりになります。

 

方向

上外

外下

下内

内上

合計

角度

60

75

95

80

70

60

60

60

560

 

ゴールドマン型視野計により、視野の角度の合計が60%以下(336度以下)になったと認められた場合に、視野障害の後遺障害となります。

 

視野障害には、症状に応じて次の3種類に区別されていますが、等級認定の方法に違いはありません。

 

①半盲症…視野の右半分あるいは左半分が欠ける症状

②視野狭窄…視野周辺の狭窄のことで視野が狭くなる症状

③視野変状…暗点の症状と視野欠損の症状

 

等級は、両眼・一眼によって次のとおり区別されています。

 

両眼に半盲症、視野狭窄、又は視野変状を残すもの

9級3号

一眼に半盲症、視野狭窄、又は視野変状を残すもの

13級3号

 

まぶたに関する後遺障害

1 欠損障害

外傷により瞼(まぶた)を欠損した場合に、後遺障害が認められます。

 

両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの

9級4号

一眼のまぶたに著しい欠損を残すもの

11級3号

両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの

13級4号

一眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの

14級1号

 

 

「まぶたに著しい欠損を残すもの」とは、普通にまぶたを閉じた場合に、角膜を完全に覆うことができない程度のものを言います。

 

「まぶたの一部に欠損を残すもの」とは、まぶたを閉じたときに角膜を完全に覆うことができるが、球結膜(しろめ)が露出している程度のものを言います。

 

 

「まつげはげを残すもの」とは、まつげ縁(まつげのはえている周縁)の2分の1以上にわたってまつげのはげを残すものを言います。

 

なお,まぶたの欠損は、外貌醜状とも捉えることができるため、両方の観点から後遺障害の等級を検討し、いずれか上位の等級で認定されることになります。

 

 

2 運動障害

外傷により顔面神経痛や眼瞼外反の傷害を負い、まぶたがうまく動かなくなった場合に、まぶたの運動障害の後遺障害が認められることがあります。

 

等級は次のとおりです。

 

両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

11級2号

一眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

12級2号

 

「まぶたに著しい運動障害を残すもの」とは、まぶたを普通に開けたときに瞳孔を完全に覆うもの又はまぶたを閉じたときに角膜を完全に覆うことができないものを言います。

「兎眼」と言われる症状です。

 

 

まぶしさ(羞明)に関する障害

眼の瞳孔は光に反応して動き、取り込む光の量を調節しています。

これを「対光反射」と言います。

 

瞳孔の周りには,虹彩と呼ばれる円盤の膜があり、これが伸び縮みすることによって光の量が調節されています。

眼に対する外傷により、 虹彩が損傷したり、虹彩の収縮に関わる散大筋や括約筋が損傷したりすると、瞳の大きさを調節することができず、瞳が大きくなったままの状態になります。

これを外傷性散瞳と呼びます。

 

外傷性散瞳については、以下のように取り扱うこととされています。

 

両眼の瞳孔の対光反射が著しく障害され、著名な羞明を訴え労働に著しく支障をきたすもの

11級相当

両眼の瞳孔の対光反射はあるが不十分であり、羞明を訴え労働に支障をきたすもの

12級相当

一眼の瞳孔の対光反射が著しく障害され、著名な羞明を訴え労働に著しく支障をきたすもの

12級相当

一眼の瞳孔の対光反射はあるが不十分であり、羞明を訴え労働に支障をきたすもの

14級相当

 

 

 

この事例を担当した弁護士

弁護士 上野 祐

一新総合法律事務所 弁護士
 上野 祐(うえの たすく)

新潟事務所所属。
私には、先天的な病気が原因で弱視や視野狭窄の視覚に障害があります。それでも、自分の能力を生かして人のために働きたいとの信念をもって弁護士となりました。 私が、障害により日常多くの不自由を感じているように、価値観が多様化する現代において、社会に多くの不自由を感じておられる方も多いかと思います。どのような法的支援ができるかは事案によりそれぞれですが、皆様と共に最善の解決を考えていければと思っております。

 

 

こちらの記事を読んだ方におすすめの記事

悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させて頂きます。

○委託先窓口にて受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させて頂きます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

対応エリア

【対応エリア】
新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

新潟 新発田 燕三条 長岡 上越

弁護士法人 一新総合法律事務所

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

交通事故被害者 電話無料相談

当事務所では交通事故チーム所属の弁護士による無料電話相談を行っております。電話相談をご希望の方は「電話相談希望」とお申し付けください。

無料電話相談は以下のような方におすすめいたします。
重傷事故にあい、事務所にいらっしゃるのが難しい方
弁護士費用特約に入っているけれど、身近に相談できる弁護士がいない方
慰謝料など、損害賠償金について知りたい方
・その他、交通事故にあい今後の手続に不安を感じている方
~電話無料相談 ご留意事項~
・交通事故被害者側のご相談に限らせていただきます。
・相談時間の目安は10~20分程度です。事案によっては後日の面談相談をご案内させていただく場合もございます。
・原則として弁護士が折り返しお客様にお電話させていただく形での対応となります。当日の折り返しが難しい場合は、翌営業日以降の折り返しとなることもございます。
・ご相談にあたっては必ず当事者のご氏名等を確認させていただいております。相手方が当事務所にご依頼いただいている方でないか等、利害関係の確認のために必要な情報です。匿名でのご相談は承れませんので何卒ご容赦ください。​

悩むよりも、まずご相談ください悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

相談料無料 無料相談する

フリーダイアル 0120-15-4640

お電話からのご予約はこちら フリーダイアル 0120-15-4640

相談料無料 無料相談する

受付時間
9:00~18:00

18:00~9:00

当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させて頂きます。

委託先窓口にて受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させて頂きます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

ご相談を
お急ぎの方へ

一新総合法律事務所運営サイト

新潟県弁護士会・長野県弁護士会・群馬弁護士会・東京弁護士会所属

Copyright(c) ISSHIN PARTNERS

弁護士法人 一新総合法律事務所
Copyright(c) ISSHIN PARTNERS

ページの先頭へ
頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足 頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足