弁護士法人 一新総合法律事務所 新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

コラム

2020.04.01

腱板断裂について

腱板とは

腱板とは,肩関節において上腕骨と肩甲骨をつなぐベルト状の組織です。

腱板は,棘上筋(きょくじょうきん),棘下筋(きょくかきん),小円筋(しょうえんきん),肩甲下筋(けんこうかきん)の4つの組織から構成されます。

 

 

腱板断裂とその症状

➢腱板断裂とは

腱板断裂とは,上記の腱板の筋が切れてしまう状態をいいます。

腱板損傷と呼ばれることがありますが,厳密な違いはありません。

 

腱板の一部が断裂することを部分(不全)断裂,すべてが断裂することを完全断裂といいます。

 

 

➢症状

腱板断裂では,肩を挙げるときに,肩に激烈な痛みと腫れが生じます。

 

当初の断裂は小さな部分断裂であることも多く,断裂にすら気付かないこともあるようです。

症状が進行すると肩が挙がらなくなり,夜中に痛みで目が覚める程になります。

 

肩を挙げたときに,肩上部の骨である肩峰の下の部分からジョリジョリ,ごりごりという音(「軋轢(あつれき)音」といいます。)が生じるのが特徴です。

 

関節のバランスが崩れて腕に力が入らなくなることもあります。

自力では身体の横から手を挙げていく動作(外転)が困難になり,腕を地面と水平になるように上げることも難しくなる場合もあります。

 

肩の外転運動については,下記のリンクをご参照下さい。

交通事故による「肩」の損傷と後遺障害

 

他人の力を借りれば(他動),腕を真上に真っすぐ挙げた状態にすることができますが,自力でその体制を維持できません。

腕は下降し,断裂部に疼痛が発生します。

自力で腕を維持できない現象のことを「ドロップ・アーム・サイン(drop arm sign)」といい,後遺障害認定の一つの指標とされることもあります。

 

 

➢腱板断裂の原因

主に,肩に外部から大きな衝撃が加わることで腱板断裂が発生します。

・バイクでの転倒した際に肩を強打する場合。

・転んだ際に手をついて倒れた場合。

 

腱板には,肩関節の骨と骨の間を通っている筋もあるため,肩を使い続けると老化により腱が弱まって切れやすくなったり,自然に切れてしまったりすることもあります。

 

加齢性の変化により,腱板が脆く傷んで断裂を起こすこともあります(腱板断裂は,四十肩や五十肩とは異なるものです。後に詳しく説明します。)。

 

診断と治療方法

➢診断

腱板には,正面からは上腕骨骨頭が覆い被さっており,背部からは肩甲骨が被さっているため,レントゲンではなかなか断裂が判明しにくいです。

後遺障害の観点からいえば,XPやMRIの撮影がなされることが望ましいです。

 

➢治療方法

腱板断裂は,完全断裂の場合,自然に修復されることは困難となります。部分断裂の場合は,リハビリをすることで症状が軽くなる場合もあります。

 

痛みが強く出る場合には,痛み止めの服用や麻酔などで痛みが引くまで安静を保ち,痛みが引いてきたら,残った腱を強くするためのリハビリを行います(保存療法)。

 

それでも症状が改善しない場合は,内視鏡を使った鏡視下手術等を行い断裂した腱を縫合します(手術療法)。

手術後は装具を使って固定し安静を保ち,その後リハビリを行います。

 

後遺障害認定のポイント

 

8級6号 1上肢の三大関節中の1関節の用を廃したもの。
10級10 1上肢の三大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
12級6号 1上肢の3第関節中の1関節の機能に障害を残すもの
12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号 局部に神経症状を残すもの

 

 

➢機能障害

・8級6号(用廃)

腱板断裂により,肩関節が完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にある場合には,8級6号に該当します。

 

・10級10号(著しい機能障害)

腱板断裂により,関節の可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限された場合には,10級10号に該当します。

 

・12級6号(機能障害)

腱板断裂により,間接の可動域が健側の可動域角度の3/4以下に制限されている場合には,12級6号に該当します。

 

※機能障害(可動域制限)に関するより詳しい説明は,以下のリンクをご参照下さい。

・関節の可動域制限と後遺障害について

・関節の可動域制限と後遺障害について その2

 

➢神経障害(疼痛等感覚障害)

・12級13号

通常の労務に服することはできるが,腱板断裂により,時には強度の疼痛のため,ある程度差し支えがある場合には,12級13号に該当します。

 

・14級9号

通常の労務に服することはできるが,腱板断裂により,受傷部位にほとんど常時疼痛を残す場合には,14級9号に該当します。

 

外傷性断裂か,慢性化した腱板断裂か?

腱板断裂が生じた場合,外部からの衝撃により腱板が断裂するに至った(外傷性断裂)のか,肩の使い過ぎや老化(慢性化)により,腱板が脆く傷んだ結果断裂したのかが争われる場合があります。

 

間接が狭くなっていたり,骨硬化が見られたりすると慢性化による断裂の可能性が高くなるようですが,非常に専門的な問題になりますので医師への意見照会をお勧めします。

 

腱板断裂と四十肩・五十肩との違い

肩が挙がりにくくなり,その状態を放置すると,肩の関節を包む関節包(肩関節関節包)が硬くなって(拘縮)しまい,肩を動かすたびに痛みが生じることがあります。

この状態を四十肩,五十肩などと呼んでいます。

 

腱板が切れたわけではなく,関節が硬くなることで痛みが生じることから,腱板断裂の症状とは明らかに異なります。

腱板断裂では,拘縮はあまり生じません。

 

腱板断裂と違い,四十肩,五十肩は拘縮が解ければ症状が自然と軽快することがあります。

 

 

この記事を執筆した弁護士

弁護士 長谷川 伸樹

一新総合法律事務所 弁護士
 長谷川 伸樹(はせがわ のぶき)

一新総合法律事務所 上越事務所所属。
私は、依頼者・相談者の方々との話し合いを重ね、解決策を共に模索し、十分納得のいく結論にたどり着くための皆様のパートナーとしてお力になれればと考えております。
そのようなパートナーとなるべく、日々の努力を惜しまず、皆様との信頼関係を築けるよう精進して参る所存です。
徹底的に問題と向き合い、納得の問題解決、問題解決による安心にたどり着きましょう。

 

 

 

こちらの記事を読んだ方におすすめの記事

悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させて頂きます。

○委託先窓口にて受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させて頂きます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

対応エリア

【対応エリア】
新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

新潟 新発田 燕三条 長岡 上越

弁護士法人 一新総合法律事務所

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

交通事故被害者 電話無料相談

当事務所では交通事故チーム所属の弁護士による無料電話相談を行っております。電話相談をご希望の方は「電話相談希望」とお申し付けください。

無料電話相談は以下のような方におすすめいたします。
重傷事故にあい、事務所にいらっしゃるのが難しい方
弁護士費用特約に入っているけれど、身近に相談できる弁護士がいない方
慰謝料など、損害賠償金について知りたい方
・その他、交通事故にあい今後の手続に不安を感じている方
~電話無料相談 ご留意事項~
・交通事故被害者側のご相談に限らせていただきます。
・相談時間の目安は10~20分程度です。事案によっては後日の面談相談をご案内させていただく場合もございます。
・原則として弁護士が折り返しお客様にお電話させていただく形での対応となります。当日の折り返しが難しい場合は、翌営業日以降の折り返しとなることもございます。
・ご相談にあたっては必ず当事者のご氏名等を確認させていただいております。相手方が当事務所にご依頼いただいている方でないか等、利害関係の確認のために必要な情報です。匿名でのご相談は承れませんので何卒ご容赦ください。​

悩むよりも、まずご相談ください悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

相談料無料 無料相談する

フリーダイアル 0120-15-4640

お電話からのご予約はこちら フリーダイアル 0120-15-4640

相談料無料 無料相談する

受付時間
9:00~18:00

18:00~9:00

当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させて頂きます。

委託先窓口にて受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させて頂きます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

ご相談を
お急ぎの方へ

一新総合法律事務所運営サイト

新潟県弁護士会・長野県弁護士会・群馬弁護士会・東京弁護士会所属

Copyright(c) ISSHIN PARTNERS

弁護士法人 一新総合法律事務所
Copyright(c) ISSHIN PARTNERS

ページの先頭へ
頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足 頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足