弁護士法人 一新総合法律事務所 新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

コラム

2017.12.18

交通事故による後遺障害が認められる場合、認められない場合

「後遺障害には非該当」といわれてもすぐには諦めないでください

たとえば、事故で顔面を負傷し、治療をしても目の下に1円玉と同じ大きさの痣(あざ)が残ってしまったとします。

このような場合、後遺障害等級が認められず、保険会社から後遺障害の慰謝料の提示がない場合もありえます。

 

しかし、このようなケースでも、弁護士が交渉することで後遺障害として認められる場合があります。

 

上野 祐


交通事故の後遺障害の等級認定は、治療が終わった時に、自賠責保険の調査事務所が労災保険の認定基準によって認定します。

認定基準は「こういう場合は何級」、と事細かに規定しています。   

 

そのため、後遺障害はあっても、基準に当てはまらないと自賠責保険の後遺障害ではないとして、「非該当」とする場合があります。

 

いくつか例を見てみましょう。

一円玉大の醜状痕

たとえば、先ほどの事故で顔面を負傷し、治療しても目の下に1円玉と同じ大きさの痣(あざ)が残ってしまったとします。

 

認定基準では「10円玉よりも大きい場合」は後遺障害等級12級とされており、醜状についてそれよりも低い等級はないので、10年玉より小さい1円玉の大きさでは「非該当」となり、自賠責保険では後遺障害はないことになります。

しかし、本人には非常に苦痛で、れっきとした後遺障害であり、加害者には賠償する責任があると思われます。

薬指の片側の感覚麻痺

通常、手の指は1本の神経で痛みや物を持った感覚を脳に伝えます。

したがって、事故によってこの1本を指の付け根で切断してしまうと指先の感覚がまったく消失し、後遺障害12級が認定されます。

 

しかし、薬指は小指側と親指側に神経がそれぞれ1本ずつあり、それぞれが、脳に感覚を伝えます。

そのうちの1本が切れると、片側の感覚が麻痺して、もう片方の感覚は残ります。

 

特に親指側の神経が切れると、鉛筆や箸を持つ感覚がなくなり、非常に不便です。

 

しかし、小指側の指先の感覚が残っているので、指先の感覚の完全消失ではなく、自賠責保険では後遺障害は「非該当」となり後遺障害はないことになります。

しかし、本人には非常に苦痛で、れっきとした後遺障害で、加害者は賠償すべき責任があると思います。

上肢の短縮障害

一方の足を骨折して、治療して他方よりも3㎝よりも短い場合は下肢の短縮障害として12級となります。

しかし、上肢には短縮障害の基準がないので、一方の腕を骨折して、治療をして他方よりも短くなっても、骨折自体がちゃんと治れば、自賠責保険では「非該当」なり、後遺障害はないことになります。

 

しかし、本人には非常に苦痛で、れっきとした後遺障害であり、加害者は賠償すべきだと思われます。

一人で悩まず弁護士にご相談ください

自賠責保険が、迅速を図るために、一定の基準で、裁量なく運用しているのはやむを得ないことだと思われます。

 

しかし、それで、あきらめる必要はありません。

自賠責の後遺障害認定の網から漏れた後遺障害を救うのが裁判所や弁護士の仕事です。

 

裁判所に持ち込んで、障害の内容を正確に説明して、自賠責の後遺障害には当たらないけれども、本人にとっては苦痛で場合によっては仕事にも影響するとして、慰謝料や後遺障害逸失利益を認定してもらえるよう努力します。

 

渡辺 伸樹

後遺障害が認定されるのが難しい場合

一方で、交渉や裁判を行っても後遺障害認定を受けることが難しい場合もあります。

 

たとえば、頚部痛や腰部痛の自覚症状があるケースです。

よくあるのが、動かすと痛いとか、気候の変化によって痛みが出たり、増したりする症状です。

 

醜状痕は見た目でわかりますし、短縮障害は測ればわかりますし、神経の切断も電気的な検査でわかります。

しかし、痛みの自覚症状は検査機器などで客観的に測定することができません。

 

したがって、神経系統の障害を示す各種検査結果や治療経過から「受傷部位にほとんど常時疼痛を残す」という自覚症状が治療をしても治らず続いているということが裏付けられないと、「非該当」とされてしまいます。

 

この場合は、立証が困難であることから、交渉でも、裁判でも後遺障害として認められるのは難しいと思われます。

 

_5D_8788

こちらの記事を読んだ方におすすめの記事

悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

○委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

対応エリア

【対応エリア】
新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

新潟 新発田 燕三条 長岡 上越

弁護士法人 一新総合法律事務所

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

交通事故被害者 電話無料相談

当事務所では交通事故チーム所属の弁護士による無料電話相談を行っております。電話相談をご希望の方は「電話相談希望」とお申し付けください。

無料電話相談は以下のような方におすすめいたします。
重傷事故にあい、事務所にいらっしゃるのが難しい方
弁護士費用特約に入っているけれど、身近に相談できる弁護士がいない方
慰謝料など、損害賠償金について知りたい方
・その他、交通事故にあい今後の手続に不安を感じている方
~電話無料相談 ご留意事項~
・交通事故被害者側のご相談に限らせていただきます。
・相談時間の目安は10~20分程度です。事案によっては後日の面談相談をご案内させていただく場合もございます。
・原則として弁護士が折り返しお客様にお電話させていただく形での対応となります。当日の折り返しが難しい場合は、翌営業日以降の折り返しとなることもございます。
・ご相談にあたっては必ず当事者のご氏名等を確認させていただいております。相手方が当事務所にご依頼いただいている方でないか等、利害関係の確認のために必要な情報です。匿名でのご相談は承れませんので何卒ご容赦ください。​

悩むよりも、まずご相談ください悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

相談料無料 無料相談する

フリーダイアル 0120-15-4640

お電話からのご予約はこちら フリーダイアル 0120-15-4640

相談料無料 無料相談する

受付時間
9:00~18:00

18:00~21:00

当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

ご相談を
お急ぎの方へ

一新総合法律事務所運営サイト

新潟県弁護士会・長野県弁護士会・群馬弁護士会・東京弁護士会所属

Copyright(c) ISSHIN PARTNERS

弁護士法人 一新総合法律事務所
Copyright(c) ISSHIN PARTNERS

ページの先頭へ
頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足 頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足