弁護士法人 一新総合法律事務所 新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

コラム

2021.09.30

◆勉強会報告◆第4回 赤本講演録勉強会「事業所得者の申告外所得の認定について」(弁護士:渡辺 伸樹)

 

この記事を執筆した弁護士
弁護士 渡辺 伸樹

一新総合法律事務所 弁護士
 渡辺 伸樹(わたなべ のぶき)

一新総合法律事務所 理事/長野事務所長

交通事故による不安や苦しみは人それぞれです。

事故の規模が小さいからといって、不安や苦しみも小さいということはありません。  

どのような規模の交通事故であっても、当事者にとっては一生に一回の出来事であるということを常に意識し、被害者それぞれの不安や悩みに寄り添うことを重視して、交通事故事件と向き合っています。

 

1 はじめに

事業所得者の休業損害や逸失利益を算定するにあたり、その基礎収入は、前年までの確定申告書等の税務資料によって証明される所得の額をもとに認定されるのが一般的です。

 

しかしながら、事業所得者の中には①確定申告をしていない方②確定申告をしているけれど、税金対策のため収入を過少に計上したり、経費を水増しするなどして、過少申告をしている方が一定数いらっしゃいます。

 

今回は、事業所得者から申告外の所得があることを主張された場合の基礎収入の認定について解説します。

 

2 申告外所得が主張された場合の所得の認定方法

 

申告外所得が主張された場合の所得の認定方法には大きく分けて以下の2つがあります。

 

 ⑴ 実収入の認定

実際の収入(総売上高)と諸経費(仕入原価、人件費、広告費等)について、会計帳簿、伝票類等の信用性の高い証拠によって立証が可能な場合には、これによって計算される実収入(実所得)をもとに申告外所得を認定できます。

 

 ⑵ 統計資料(賃金センサス等)による認定

上記の方法により実収入(実所得)を認定することができない場合でも、業務帳簿や預貯金通帳等の証拠によって相当の収入があると認定できる場合には、賃金センサス等の統計資料にもとづいて基礎収入を認めることができる場合があります。

 

具体的には、少なくとも賃金センサス等の統計資料上の平均賃金額の所得を得られる相当程度の蓋然性が認められる場合には、平均賃金額を基礎収入とすることができます。

 

平均賃金額の所得を得られる蓋然性までは認められないものの、ある一定額以上の所得を得られる相当程度の蓋然性が認められる場合には、平均賃金額から一定の割合で減額した額(例:全学歴・全年齢の男性労働者の平均賃金の8割)を基礎収入とすることが可能です。

 

3 過去の裁判例

過去の裁判例をみると、主張された実収入をそのまま基礎収入として認定した例は極めて少なく、主張された実収入を基礎収入と認めることはできないとしたものが多数を占めます。

その理由としては、立証が不足していることや、提出された資料の信用がないことなどがあげられており、証拠の信用性は厳格に判断される傾向にあることが読み取れます。

 

実収入の認定が難しく、統計資料(賃金センサス等)による所得の認定が問題となるケースでも、「相当程度の蓋然性」の要件は、被害者の年齢、性別、健康状態、学歴、職業や、営業規模や出入金の状況、営業の状況、仕事の形態、生活状況、事故前の現実収入などの事情が考慮され、厳格に判断されるのが実情です。

 

4 まとめ

 

このように、実収入を立証するにせよ、一定額以上の所得を得られる蓋然性を立証するにせよ、そのハードルは低くありません。

 

申告外所得の主張は自己矛盾の主張であるので、その認定は厳格になされるべきであるという考え方が根底にあると考えられます。

 

また、確定申告を正確に行っていない方の中には、伝票類等の立証資料を十分に保管・保存していない方が少なくなく、このことも上記のハードルを乗り越えられない要因の一つとなっていると思われます。

 

申告外所得を基礎収入として認定してもらうには、判断要素に沿った主張を組み立てるのとあわせて、信用性の高い証拠を集めることが重要です。

 

交通事故の被害にあい、申告外所得の認定についてお悩みの方は、ぜひ一度弁護士への相談をご検討ください。

 

[参考文献]

民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準 平成18年版下巻(講演録編)13~20頁/公益財団法人 日弁連交通事故相談センター東京支部

 


当事務所は、交通事故に関しては電話相談を始め、相談料無料で対応しております。
交通事故に遭われた際には、当事務所にご相談ください。

 

◇交通事故の発生から弁護士とのご相談の流れについて詳しく知りたい方はこちら

 

◇お問い合わせはこちら

 

こちらの記事を読んだ方におすすめの記事

悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

○委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

対応エリア

【対応エリア】
新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

新潟 新発田 燕三条 長岡 上越

弁護士法人 一新総合法律事務所

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

交通事故被害者 電話無料相談

当事務所では交通事故チーム所属の弁護士による無料電話相談を行っております。電話相談をご希望の方は「電話相談希望」とお申し付けください。

無料電話相談は以下のような方におすすめいたします。
重傷事故にあい、事務所にいらっしゃるのが難しい方
弁護士費用特約に入っているけれど、身近に相談できる弁護士がいない方
慰謝料など、損害賠償金について知りたい方
・その他、交通事故にあい今後の手続に不安を感じている方
~電話無料相談 ご留意事項~
・交通事故被害者側のご相談に限らせていただきます。
・相談時間の目安は10~20分程度です。事案によっては後日の面談相談をご案内させていただく場合もございます。
・原則として弁護士が折り返しお客様にお電話させていただく形での対応となります。当日の折り返しが難しい場合は、翌営業日以降の折り返しとなることもございます。
・ご相談にあたっては必ず当事者のご氏名等を確認させていただいております。相手方が当事務所にご依頼いただいている方でないか等、利害関係の確認のために必要な情報です。匿名でのご相談は承れませんので何卒ご容赦ください。​

悩むよりも、まずご相談ください悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

相談料無料 無料相談する

フリーダイアル 0120-15-4640

お電話からのご予約はこちら フリーダイアル 0120-15-4640

相談料無料 無料相談する

受付時間
9:00~18:00

18:00~21:00

当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

ご相談を
お急ぎの方へ

一新総合法律事務所運営サイト

新潟県弁護士会・長野県弁護士会・群馬弁護士会・東京弁護士会所属

Copyright(c) ISSHIN PARTNERS

弁護士法人 一新総合法律事務所
Copyright(c) ISSHIN PARTNERS

ページの先頭へ
頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足 頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足