弁護士法人 一新総合法律事務所 新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

コラム

2021.04.06

◆勉強会報告◆第2回 赤本講演録勉強会「休業損害・逸失利益の算定②」(弁護士:下山田聖)

この記事を執筆した弁護士
弁護士 下山田 聖

一新総合法律事務所 弁護士
 下山田 聖(しもやまだ さとし)

一新総合法律事務所理事/高崎事務所所長

社会には、法律問題を抱え、悩んでいる方がたくさんいると思います。私は、そのような方と真摯に向き合い、どのようなことでも誠実に対応することのできる弁護士になることを目標としています。少しでも皆様の紛争解決に資することができるよう、日々努力していきたいと思います。

1 休業損害とは

休業損害とは、被害者が事故による負傷の治療・療養のために休業・不十分な就業を余儀なくされ、これにより「治療期間中に得られたはずの収入が得られなかった」という「過去に得られたはずの利益」を指します。

簡単にいうと、交通事故に遭い仕事ができなくなった結果、減少してしまった収入のことをいいます。

 

この休業損害は、基礎収入を前提に算出するのが原則ですが、事故当時に就労をしていなかった方の場合でも、問題になることがあります。

 

2 基礎収入の算定方法

確定申告書、住民税の納税証明書等の、公的な証明書によって証明することが原則です。

給与所得者の場合には、これらの証明書が入手できないケースは稀でしょう。

ただし、無申告者や税務申告上の収入を超える収入を主張する場合には、注意が必要です。

この場合には、公的な証明書を参考にすることができませんので、現実の売上金額、経費額を証拠に基づいて説得的に主張する必要があります。

 

3 基礎収入が認定できなかった場合の扱い

⑴書類の散逸・廃棄等の場合

書類の散逸、廃棄等により、残念ながら基礎収入自体を認定することができないというケースも起こり得ます。

この場合、原則としては、休業損害が認定されることはありません。

例外的に、収入は別にして就労の事実自体が認められるのであれば、最低賃金等を基礎にして計算する方法もあります。

 

⑵現実の収入が不明な場合 

 

現実の収入が不明の場合に、「賃金センサス」というものを利用して休業損害を計算することもあります。

「賃金センサス」とは、種別ごとにグループを設定し、これに属する全労働者の賃金を集計したデータのことです。

 

ただし、「賃金センサス」を利用した計算結果を休業損害として認めてもらうためには、当該被害者が、「平均水準又はそれ以上の稼働能力を有し、かつ、それを継続的に発揮できることを裏付ける具体的な基礎事情」が必要になります。

収入が不明の場合に、ただちに賃金センサスの計算結果を休業損害とできるわけではありませんので、注意が必要です。

 

4 個別の論点

⑴ 有給休暇を取得した場合の休業損害

自賠責保険の実務では、交通事故による通院等のために年次有給休暇を使用した場合に、その使用分の休業損害として計上することが認められています。

この場合、基礎収入を前提に、給与の日額を計算し、休業損害とすることができます。

 

⑵ (事故当時)無職者の休業損害

交通事故に遭った時点で無職(収入がなかった方)の場合、交通事故による減収をいうことができないので、原則として休業損害は認められません。

例外的に、交通事故当時に収入がなくても、将来的に何らかの収入が得られる見込みがあったような場合には休業損害の発生の余地がありますが、将来的な予測に基づく請求であることから、容易に認めてもらえるような性質のものではないことには注意が必要です。

 

5 おわりに

交通事故の被害に遭われたのが会社役員、個人事業主、高齢者、専業主婦等の方である場合、休業損害の算定について、保険会社との間の交渉が難航するケースがあります。

交渉をする大前提として、休業損害の額を客観的な資料に基づいて説得的に示す必要がありますが、資料が膨大となることもあり、個人の方では対応が煩雑となることもあります。

 

このようなケースの場合、ぜひ、一度、当事務所までご相談ください。

 


当事務所は、交通事故に関しては電話相談を始め、相談料無料で対応しております。

交通事故に遭われた際には、当事務所にご相談ください。

 

 

◇交通事故の発生から弁護士とのご相談の流れについて詳しく知りたい方は★交通事故解決までの流れ★をご覧ください。

 

◇連絡先およびアクセスは★アクセスページ★をご覧ください。

 

こちらの記事を読んだ方におすすめの記事

悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

○委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

対応エリア

【対応エリア】
新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

新潟 新発田 燕三条 長岡 上越

弁護士法人 一新総合法律事務所

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

交通事故被害者 電話無料相談

当事務所では交通事故チーム所属の弁護士による無料電話相談を行っております。電話相談をご希望の方は「電話相談希望」とお申し付けください。

無料電話相談は以下のような方におすすめいたします。
重傷事故にあい、事務所にいらっしゃるのが難しい方
弁護士費用特約に入っているけれど、身近に相談できる弁護士がいない方
慰謝料など、損害賠償金について知りたい方
・その他、交通事故にあい今後の手続に不安を感じている方
~電話無料相談 ご留意事項~
・交通事故被害者側のご相談に限らせていただきます。
・相談時間の目安は10~20分程度です。事案によっては後日の面談相談をご案内させていただく場合もございます。
・原則として弁護士が折り返しお客様にお電話させていただく形での対応となります。当日の折り返しが難しい場合は、翌営業日以降の折り返しとなることもございます。
・ご相談にあたっては必ず当事者のご氏名等を確認させていただいております。相手方が当事務所にご依頼いただいている方でないか等、利害関係の確認のために必要な情報です。匿名でのご相談は承れませんので何卒ご容赦ください。​

悩むよりも、まずご相談ください悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

相談料無料 無料相談する

フリーダイアル 0120-15-4640

お電話からのご予約はこちら フリーダイアル 0120-15-4640

相談料無料 無料相談する

受付時間
9:00~18:00

18:00~21:00

当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

ご相談を
お急ぎの方へ

一新総合法律事務所運営サイト

新潟県弁護士会・長野県弁護士会・群馬弁護士会・東京弁護士会所属

Copyright(c) ISSHIN PARTNERS

弁護士法人 一新総合法律事務所
Copyright(c) ISSHIN PARTNERS

ページの先頭へ
頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足 頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足