弁護士法人 一新総合法律事務所 新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

コラム

2022.07.01

◆赤本講演録勉強会報告◆「労働能力喪失率の認定について」弁護士:上野 祐

この記事を執筆した弁護士
弁護士 上野 祐

弁護士
 上野 祐(うえの たすく)

一新総合法律事務所 新潟事務所所属

「後遺障害が残ったらどうすればよいのか」「交通事故の影響で仕事ができなくなったら、今後の生活はどうすればよいのか」「相手方の保険会社とのどのように交渉すればよいのか」。

このような不安を少しでも和らげられるよう、弁護士としてできることに精一杯取り組みます。

交通事故被害者の皆様の助けになれればと思い、日々、全力で取り組んでおります。

どうぞお気軽にご相談ください。

1 後遺障害が認定されることの意味

自賠責保険の手続きにおいて後遺障害が認定されると、原則として、その等級に応じた労働能力の喪失があったものと評価されます。

そのような労働能力の喪失による損害は「逸失利益」と呼ばれます。

具体的にどの程度の賠償が認められるかについては、①被害者の年収、②労働能力の喪失率、③労働能力の喪失期間によって算出されます。

そのうち、①の年収は、給与所得額や事業所得額、場合によっては平均賃金によって定まります。

また、③の期間は、年齢や職業に応じた稼働年数によって定まります。

1~3級 4級 5級 6級 7級 8級 9級 10級 11級 12級 13級 14級
100% 92% 79% 67% 56% 45% 35% 27% 20% 14% 9% 5%

対して、②の労働能力喪失率については、本来であれば後遺障害の内容・程度によって個別に判断されるべきですが、実務においては、労災保険で用いられている後遺障害等級に応じた喪失率を基準に判断されることが通例となっています。

この基準は、国による行政通達に過ぎませんので、絶対の基準ではないわけですが、専門的な見地から定められた合理的なものであるとして重視されているわけです。

ただ、後遺障害の内容によっては上記の喪失率を適用すべきではないのではないか、との議論があり、数多くの訴訟で争われています。

本稿では、赤本講演録に触れられている事例の一部を紹介したいと思います。

2 労働能力喪失率の認定が問題となる障害

(1)腸骨採取による骨盤骨変形

腸骨(ちょうこつ)は、骨盤の中で最大の骨であり、その骨片を利用して、ケガにより骨欠損が生じた部位に移植されることがあります。

腸骨(骨盤骨)採取によって変形障害ありと判断される場合には、自賠責保険では12級の後遺障害と判断されます。

上記の表によれば、14%の労働能力喪失率が認定されそうですが、裁判例の大勢は、労働能力の喪失は通常認められないとして、逸失利益の賠償を否定しています。つまり慰謝料のみが賠償されているということです。

この障害については、労働能力喪失に否定的な医師の文献が多く、実務的には逸失利益の賠償請求は難しい状況です。

(2)脊柱変形

脊柱変形の後遺障害は、著しい変形を残すものとして第6級の後遺障害が認められる場合と著しい変形を残したとは言えないとして第11級の後遺障害が認められる場合があります。

前者の第6級に該当する著しい変形を残した場合には逸失利益が認めることに問題はないですが、後者の第11級に該当する変形障害については、逸失利益が認められるのか、多くの訴訟で争われています。

第11級相当の脊柱変形障害は、レントゲンによる脊柱圧迫骨折の所見により認定されることが多いのですが、「圧迫骨折だけでは労務に支障がないのではないか」との考えから、多くの事案で争いになっているのだろうと考えられます。

この点については、労働能力の喪失を否定する医師の文献もありますが、赤本講演録で紹介されている裁判例によれば、逸失利益を完全に否定するものは少数にとどまっています。

上記表の基準よりも低い割合の喪失率と判断した裁判例もありますが、基準に沿った労働能力喪失率を認めている裁判例も多く見られます。

このような裁判例の動向は、脊柱が重要な器官であること、損傷によって脊椎の支持機能と運動機能が制限されること、その完全な修復は望めないこと、脊柱が損傷すると椎間板・靭帯の力学的バランスが崩れて進行性の変形が生じてくることなどの事情が指摘されていることにあります。赤本講演録では医学文献として「脊椎損傷ハンドブック」が紹介されていますが、脊柱(椎)の重要性を指摘する医学的文献が重要になってくると思われます。

また、赤本講演録では、被害者の年齢や職業、骨折の部位や程度、骨折自体の安定性の程度、神経症状の有無、治療法の適否などを考慮すべきと指摘されていますので、脊柱変形の労働能力喪失率は、個別具体的な事例を基に判断すべきものとされていると言えます。

(3)嗅覚・味覚障害

嗅覚・味覚の障害は、後遺障害の等級表には明示的な規定はありませんが、嗅覚・味覚が完全に失われた場合には第12級相当、完全に失われてはいないが減退した場合には第14級相当の後遺障害に該当するとされています。

嗅覚・味覚ともに、障害されることで日常生活に大きな支障が生じ得るわけですが、料理人などは労務に支障が生じることは明らかですが、嗅覚・味覚に無関係の職業も多いことから、労働能力が喪失したと言えるのか問題となっているわけです。

この点については、裁判例が分かれていますが、主婦兼スナック経営者(女性)の嗅覚障害について第12級相当の後遺障害を前提に等級表のとおり12%の労働能力喪失を認めた事例(大阪地裁平成10年9月14日)、主婦兼家業に従事する女性の味覚障害について労働能力喪失を認めた事例(大阪地裁平成11年2月25日)などが参考になります。

このように、家事労働が関わる事案について労働能力の喪失が認められている傾向があると言えます。

3 最後に

以上の説明は、赤本講演録で紹介されている事例のうち、ほんの一部に過ぎず、実務では、様々の後遺障害について、労働能力の喪失の有無・程度が争われています。

以上の説明のほかにも、醜状障害や歯牙障害については、ほぼ例外なく逸失利益が争われ、労働能力の喪失が否定されている事例も多いです。

このように、被害者の立場からすれば、被った後遺障害によってどのような支障が出ているのかをきちんと立証していく活動が重要になっていると言えます。


一新総合法律事務所では、交通事故被害者の方のご相談は「相談料無料」「着手金無料」で承っております。
交通事故後の「手続」「慰謝料」「損害賠償金」など、一人でお悩みにならず、まずは一度お気軽にお問合せください。

悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

○委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

対応エリア

【対応エリア】
新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、群馬県(高崎市、前橋市、桐生市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、安中市、みどり市、北群馬郡、多野郡、甘楽郡、吾妻郡、利根郡、佐波郡、邑楽郡)

新潟 新発田 燕三条 長岡 上越

弁護士法人 一新総合法律事務所

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

交通事故被害者 電話無料相談

当事務所では交通事故チーム所属の弁護士による無料電話相談を行っております。電話相談をご希望の方は「電話相談希望」とお申し付けください。

無料電話相談は以下のような方におすすめいたします。
重傷事故にあい、事務所にいらっしゃるのが難しい方
弁護士費用特約に入っているけれど、身近に相談できる弁護士がいない方
慰謝料など、損害賠償金について知りたい方
・その他、交通事故にあい今後の手続に不安を感じている方
~電話無料相談 ご留意事項~
・交通事故被害者側のご相談に限らせていただきます。
・相談時間の目安は10~20分程度です。事案によっては後日の面談相談をご案内させていただく場合もございます。
・原則として弁護士が折り返しお客様にお電話させていただく形での対応となります。当日の折り返しが難しい場合は、翌営業日以降の折り返しとなることもございます。
・ご相談にあたっては必ず当事者のご氏名等を確認させていただいております。相手方が当事務所にご依頼いただいている方でないか等、利害関係の確認のために必要な情報です。匿名でのご相談は承れませんので何卒ご容赦ください。​

悩むよりも、まずご相談ください悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

相談料無料 無料相談する

フリーダイアル 0120-15-4640

お電話からのご予約はこちら フリーダイアル 0120-15-4640

相談料無料 無料相談する

受付時間
9:00~18:00

18:00~21:00

当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

ご相談を
お急ぎの方へ

一新総合法律事務所運営サイト

新潟県弁護士会・長野県弁護士会・群馬弁護士会・東京弁護士会所属

Copyright(c) ISSHIN PARTNERS

弁護士法人 一新総合法律事務所
Copyright(c) ISSHIN PARTNERS

ページの先頭へ
頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足 頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足