弁護士法人 一新総合法律事務所 新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

コラム

2018.05.30

偽関節(癒合不全)・骨の変形と後遺障害について

骨折治癒の異常経過(偽関節と骨の変形について)

骨は、骨折しても通常は自然くっつくき治癒するわけですが、骨折による転位(骨のずれ)が大きい場合や粉砕骨折等の場合には、骨折の治癒が異常経過をたどる場合があります。

骨折の治癒の異常経過には、変形治癒、偽関節等があります。

変形治癒

骨折した骨が、正常の形態とは異なった形態でくっつく(骨癒合)する場合を変形治癒といいます。

変形治癒は、交通事故による骨折の場合でもしばしば見受けられます。

変形治癒は、外形上の問題にとどまる場合もあれば、機能障害や疼痛(痛み)を伴う場合もあります。

子どもの関節部分の骨折の場合には骨の成長障害を引き起こす場合もあります。

偽関節

骨折部が癒合せず、また癒合過程も停止した状態です。

折れた部位が癒合しないので、その部分で異常可動性を示すことになります。

本来曲がってはいけないところで曲がるので、「偽りの関節」という意味で偽関節と呼ばれます。

偽関節の治療方法としては、手術以外の方法もありますが、効果がない場合には、骨移植等の手術療法をとる場合もあります。

偽関節(癒合不全)・骨の変形と後遺障害

偽関節および変形治癒は、後遺障害等級上は、「変形障害」という類型になります。

変形治癒と後遺障害

上肢の長管骨(上腕骨、橈骨、尺骨)

次のいずれかに該当する場合には、後遺障害等級12級に認定されます(同一の長管骨に以下の①から⑧の障害を複数残す場合でも12級に認定されます)。

 

①上腕骨に変形を残し、15度以上屈曲して不正癒合したもの

②橈骨及び尺骨の両方に変形を残し、15度以上屈曲して不正癒合したもの(ただし、橈骨または尺骨のいずれか一方のみの変形であっても、その程度が著しい場合にはこれに該当する)

③上腕骨、橈骨または尺骨の骨端部に癒合不全を残すもの  

④橈骨又は尺骨の骨幹部または骨幹端部に癒合不全を残すもので、硬性装具を必要としないもの

⑤上腕骨、橈骨または尺骨の骨端部のほとんどを欠損したもの

⑥上腕骨(骨端部を除く)の直径が3分の2以下に減少したもの

⑦橈骨または尺骨(それぞれ骨端部を除く)の直径が2分の1以下に減少したもの

⑧上腕骨が50度以上外旋または内旋変形癒合しているもの

この場合、50度以上回旋変形癒合していることは、次のいずれにも該当することを確認することによって判定します。

 

・外旋変形癒合は、肩関節の内旋が50度を超えて可動できないこと、また、内旋変形癒合は、肩関節の外旋が10度を超えて可動できないこと

・X線写真等により、上腕骨骨幹部の骨折部に回旋変形癒合が明らかに認められること

下肢の長管骨(大腿骨、脛骨、腓骨等)

次のいずれかに該当する場合には、後遺障害等級12級に認定されます(同一の長管骨に以下の①から⑧の障害を複数残す場合でも12級に認定されます)。

 

  ①大腿骨に変形を残すもので、15度以上屈曲して不正癒合したもの

  ②脛骨に変形を残すもので、15度以上屈曲して不正癒合したもの

  ③大腿骨または脛骨の骨端部に癒合不全を残すもの

  ④腓骨の骨幹部または骨幹端部に癒合不全を残すもの

  ⑤大腿骨または脛骨の骨端部のほとんどを欠損したもの

  ⑥大腿骨または脛骨(骨端部を除く)の直径が3分の2以下に減少したもの

  ⑦大腿骨が外旋45度以上または内旋30度以上回旋変形癒合しているもの

その他の体幹骨(鎖骨、胸骨、肋骨、肩甲骨、骨盤骨)

裸体になったとき、一見してわかる程度の変形がある場合には、後遺障害等級12級に認定されます。

偽関節と後遺障害

上肢

次のいずれかに該当し、常に硬性補装具を必要とする場合には、後遺障害等級7級に認定されます。

常に硬性装具を必要とするとまではいえない場合には、後遺障害等級8級に認定されます。

 

  ①上腕骨骨幹部または骨幹端部に癒合不全を残すもの    

  ②橈骨及び尺骨の両方の骨幹部または骨幹端部に癒合不全を残すもの

下肢

次のいずれかに該当し、常に硬性補装具を必要とする場合には、後遺障害等級7級に認定されます。

常に硬性装具を必要とするとまではいえない場合には、後遺障害等級8級に認定されます。

 

  ①大腿骨の骨幹部または骨幹端部に癒合不全を残すもの

  ②脛骨及び腓骨の両方の骨幹部または骨幹端部に癒合不全を残すもの

  ③脛骨の骨幹部または骨幹端部に癒合不全を残すもの

 

「偽関節を残すもの」(8級)とは、上腕骨の骨幹部または骨幹端部に癒合不全を残すもので、7級に至らないものをいいます。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

一新総合法律事務所は、新潟市、長岡市、上越市、燕三条、新発田市、長野市、東京都の7拠点に事務所を有する、新潟県内最大規模の法律事務所です。
交通事故被害者の方の相談料は、相談料無料で承っております。
交通事故による被害、後遺障害、賠償金、慰謝料でお困りの方は、是非ご相談ください。

悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

対応エリア

【対応エリア】
新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

新潟 新発田 燕三条 長岡 上越

弁護士法人 一新総合法律事務所

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

保険会社から示談案が提案されている方へ 損害賠償金無料診断サービス

すでに「保険会社から示談案が提案されている方」へのサービスです。相談時に、保険会社から提案されている示談案をご持参頂くと、弁護士との面談の上で、その内容が適切なのかどうか、また、裁判基準に基づく賠償金額の目安を示すサービスです。
当事務所では、事情をお聞きした上で、より適切な賠償額の見通しを示すために弁護士がご本人と直接面談の上で、診断結果をお知らせしています。

Q. 電話での無料相談はやっていますか?
A. 当事務所では交通事故チームの弁護士による無料電話相談を行っております。電話相談ご希望の方は、「電話相談希望」とお申し付けください。お電話をいただいた際に交通事故チームの弁護士が不在の場合には、折り返しでの対応となる場合もございますが、ご了承ください。

悩むよりも、まずご相談ください悩むよりも、まずご相談ください

交通事故被害者の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

相談料無料 無料相談する

フリーダイアル 0120-15-4640

お電話からのご予約はこちら フリーダイアル 0120-15-4640

相談料無料 無料相談する

受付時間
9:00~17:00 -
17:00~19:00 - - -

ご相談を
お急ぎの方へ

Copyright(c) ISSHIN PARTNERS

弁護士法人 一新総合法律事務所
Copyright(c) ISSHIN PARTNERS

ページの先頭へ
頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足 頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足