弁護士法人 新潟第一法律事務所 新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

コラム

2017.06.12

【ニュース】新潟県内で4件の死亡事故が発生し、交通事故死者数が24人に

●十日町市などで5月末に4件の交通死亡事故が発生

 

新潟県のホームページでは、県内で発生した交通死亡事故の情報が随時更新されています。

 

kuruma

 

それによると、5月26日に十日町市と北蒲原郡聖籠町で、27日には糸魚川市と妙高市で交通死亡事故が発生し、平成29年の県内における死者数は20人から24人となりました。

前年と比べると、死者数は7人減少しています。

 

6月8日現在、交通事故の発生件数は前年から135件減の1,814件、負傷者数は前年比で132人減の2,182人となっており、いずれも昨年より減少しています。

 

新潟県内における交通事故死者数の推移」でご紹介したとおり、平成23年以降、新潟県内における死者数は徐々に減少していましたが、昨年5年ぶりに増加し、107人となりました。

 

近年で最少だった平成27年の97人を下回るよう、引き続き注意が必要です。

 

新潟県内における交通事故死者数の推移

 

●高齢歩行者との事故が多発

 

5月末に発生した4件の交通死亡事故の詳細を見ると、十日町市の事故は車と87歳男性歩行者との衝突事故、聖籠町の事故が車と81歳女性歩行者との衝突事故、妙高市の事故が82歳男性歩行者との衝突事故で、4件中3件が車と高齢歩行者の事故でした。

 

4回シリーズで掲載した「ダメ。ゼッタイ。-高齢者の横断歩道外での道路横断」でお伝えしたとおり、高齢歩行者が車と衝突して死亡した事故のうち約54%が、横断歩道以外の場所を横断中に発生しているというによる統計が、イタルダから報告されております。

 

歩行中の事故を防ぐためには、車から視認しやすいよう、白や黄色など明るい色の服を来たり、反射材を身につけることが効果的です。

 

反射材

 

 

新潟の弁護士による交通事故被害者のための無料相談

 

ご相談のご予約は、

フリーダイヤル 0120-15-4640

または ホームページ内の 申込予約フォーム から。

弁護士法人 新潟第一法律事務所

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

保険会社から示談案が提案されている方へ 損害賠償金無料診断サービス

すでに「保険会社から示談案が提案されている方」へのサービスです。相談時に、保険会社から提案されている示談案をご持参頂くと、弁護士との面談の上で、その内容が適切なのかどうか、また、裁判基準に基づく賠償金額の目安を示すサービスです。
当事務所では、事情をお聞きした上で、より適切な賠償額の見通しを示すために弁護士がご本人と直接面談の上で、診断結果をお知らせしています。

Q. 電話での無料相談はやっていますか?
A. 当事務所では、電話相談は行っていません。弁護士が、交通事故の問題について適切な相談を行うためには、弁護士が直接、実際に事故に遭われた被害者に面談し、状況を確認する必要があると考えているからです。

悩むよりも、まずご相談ください悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

相談料無料 無料相談する

フリーダイアル 0120-15-4640

お電話からのご予約はこちら フリーダイアル 0120-15-4640

相談料無料 無料相談する

受付時間
9:00~17:00 -
17:00~19:00 - - -

Copyright(c) Niigata Daiichi Law Office

弁護士法人 新潟第一法律事務所
Copyright(c) Niigata Daiichi Law Office

ページの先頭へ
頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足