弁護士法人 新潟第一法律事務所 新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

当事務所へ依頼するメリット

新潟県内5拠点+東京で対応可能新潟県内5拠点+東京で対応可能

新潟県内5拠点と東京で展開!
地域に根ざした新潟県内で最大規模の法律事務所です。

新潟第一法律事務所は、現在、県内5拠点と東京、弁護士24名の新潟県内で最大規模の法律事務所です。新潟市、燕三条、長岡市、新発田市、上越市の新潟県内5拠点と東京都に展開しています。

交通事故、特に人身事故の解決を進めていくにあたっては、弁護士との直接面談をし、定期的に症状を確認して後遺障害が残る可能性があるのか、後遺障害が残るとしたら後遺障害等級認定のためにどのような準備が必要なのかについて、綿密に打合せを行う必要があります。実際に、面談をすることにより、主治医が見落としていた関節の可動域制限・醜状痕・骨の変形等が判明したため、主治医に対して後遺障害診断書の作成・訂正の依頼をすることもあります。

このように、適正な後遺障害認定が得られるためには、身近な弁護士による綿密な相談・打合せが必要ですし、新潟市、燕三条、新発田市、長岡市、上越市等の各地域での地域の医療機関との連携が必要です。

身近な法律事務所で、直接、弁護士に相談や打合せができることは、みなさまにとっての大きなメリットです。

地域に根ざした法律事務所として、医療機関など各種の医療機関との連携も大切にしています。

新潟第一法律事務所は、交通事故の被害に遭われたみなさまの救済を第一に考え、新潟市、燕三条、新発田市、長岡市、上越市及び東京都に事務所を設置し、地域に根差した交通事故の被害に遭われたみなさまにとって身近な法律事務所です。

1978年創設以来600件以上の解決実績1978年創設以来600件以上の解決実績

1978年創立以来、新潟県内で多数の交通事故事件を扱ってきた実積

新潟第一法律事務所は、1978年に新潟市で設立されてから、長年、新潟県内の交通事故の被害者の救済に取り組んできた実積があります。長年に渡り新潟県内の交通事故の被害者のみなさまの救済に取り組んできたことで、そのノウハウを蓄積しています。

特に、人身事故には力を入れています。死亡事故のほか、遷延性意識障害(寝たきり)や高次脳機能障害をはじめとする重篤な後遺障害を残した交通事故から、骨折やむちうちに至るまで、様々な後遺障害を残した交通事故の被害者救済に取り組んできました。

長きに渡り交通事故の被害に遭われたみなさまの救済に取り組むうち、新潟県内の交通事故の被害者のみなさまが、より利用しやすい事務所とするために、多くの弁護士を迎え入れ規模を大きくするとともに、新潟市、新発田市、燕三条、長岡市、上越市、そして東京都に事務所を設置するに至ったのものです。

新潟第一法律事務所には創立以来多数の交通事故の被害者救済を取り扱ってきた実績があります。

新潟第一法律事務所は、交通事故の被害に遭われたみなさまの救済に長年取り組むことで、この道30年以上のベテラン弁護士、医療問題に長けた弁護士など幅広い個性を持った多数の弁護士が在籍している歴史ある事務所に成長しました。

今では、新潟県内の多くのみなさまにご支持いただき、ご依頼いただく交通事故の案件数は、年間で120件以上に及びます。

その解決実積は、新潟県内はもちろん日本海側で最大規模のものです。

事故直後から安心のサポート対応が可能です事故直後から安心のサポート対応が可能です

交通事故直後のサポート対応で安心!

交通事故の被害にあうと、その直後から、保険会社との対応、警察との対応、通院、勤務先への対応等多くの面倒な対応が必要になります。交通事故は一生で一度遭うか遭わないか、というものですから、そのような対応に慣れている方はまれだと思います。

新潟第一法律事務所は、交通事故の被害にあわれたみなさまに対し、交通事故後なるべく早い段階から弁護士がサポートいたします。それによって、交通事故の被害者のみなさまを面倒な対応からできる限り開放し、治療に専念していただくことを大切にしています。

また、交通事故の被害者が適切な賠償金を取得するためには、交通事故の直後から弁護士がサポートすること必要です。なぜなら、不幸にも後遺症が残ってしまった場合、後遺症等級認定や損害賠償が適切に認められるためには、交通事故の直後に必要な検査を受けたかどうかが問題となるケースが少なくないからです。そして、多くの場合は、検査の不備を後から取り戻すことは困難です。

このように、新潟第一法律事務所では、交通事故の直後の早い段階から相談・依頼していただくことで、交通事故の被害者のみなさまの不安を・負担を可能な限り取り除くとともに、事故直後の通院の段階から医療機関との関係も含めてサポートします。

新潟第一法律事務所は、交通事故の被害にあわれたみなさまが、交通事故の後より早い段階でご相談にいらしていただけるようにとの想いから、新潟県内の新潟市、燕三条、新発田市、長岡市、上越市、東京都に事務所を設置しております。早期にお近くの弁護士にご相談いただくことが可能です。

新潟第一法律事務所では、交通事故に関する弁護士との相談は何度でも無料となっております。交渉の代理業務を弁護士にご依頼いただく場合にも、後遺障害が認定されたケースでは着手金が不要となる場合があります。お気軽に新潟第一法律事務所の弁護士にご相談ください。

約20年の経験を持つ弁護士を中心としたチーム対応約20年の経験を持つ弁護士を中心としたチーム対応

知識・経験豊富な交通事故チームが最大限にサポート!

新潟第一法律事務所は、弁護士と事務局員が交通事故チームを組織することによって、交通事故の被害者の救済をするために万全の体制を整えています。

ひとことで交通事故といっても、医学的な知見が必要な後遺障害認定の問題から、損害賠償などの法的問題まで様々です。交通事故問題を担当する弁護士に必要とされる知識や経験は、年々、高度化・専門化しているといえます。

死亡事故のほか、高次脳機能障害や遷延性意識障害をはじめとする重篤な後遺障害に関する取扱い経験も豊富ですので、安心してご依頼いただけます。

新潟第一法律事務所では、新潟市、燕三条、長岡市、新発田市、上越市、東京都に事務所を設置し、各事務所に交通事故チームの弁護士を配置しています。交通事故チームでは、交通事故に関する解決事例の共有や裁判例の検討、医学の専門家を招いての医学的知識の研修を行うなど、各弁護士の経験・ノウハウを結集・蓄積し、交通事故の被害者のみなさまを最大限にサポートできるよう、研鑽を続けています。

わかりやすい料金体系わかりやすい料金体系

わかりやすい料金体系で安心!

交通事故の被害者の方の中には「弁護士に依頼したら高額な弁護士費用を請求されるのでは」と思っていらっしゃる方がいらっしゃるかもしれません。

新潟第一法律事務所では、弁護士費用をわかりやすくご説明しています。

まず、弁護士と相談していただく際の相談料は、何度ご相談いただいても無料です。

弁護士に交通事故に関する代理業務を依頼していただく際にも、ご加入いただいている任意保険の弁護士特約が利用できる場合には、弁護士費用を利用して、できるだけ経済的負担を少なくしていただくことができます。

弁護士特約がない場合でも、後遺障害が残る交通事故の事案につきましては着手金無料(実際に賠償金が入金された後、弁護士費用を清算します。)で依頼していただくことができます。

弁護士費用について疑問点や不安な点がある場合は、遠慮なくご相談ください。

依頼者目線で親身にご説明します依頼者目線で親身にご説明します

交通事故被害者のみなさまの意向を尊重した対応。

新潟第一法律事務所の弁護士は、交通事故の被害に遭われたみなさまの意向を尊重いたします。

適正な交通事故の賠償金を受け取るまでには、通院、後遺障害の認定、保険会社との交渉など様々な段階があります。新潟第一法律事務所では、それぞれの場面におけるメリット・デメリットを弁護士が丁寧に説明し、みなさまに納得していただいたうえで方針決定を行います。

たくさんの交通事故の被害者のみなさまのお話を伺うと、ご事情によって様々な希望があることがわかります。裁判を行って適正な賠償金を受け取りたいのか。裁判にまではしたくないので、交渉でできるだけ賠償金を上げたいのか。保険会社との煩わしい交渉を弁護士に任せ、できるだけ負担なく交通事故の問題を解決したいのか。新潟第一法律事務所の弁護士は、交通事故の被害者の多種多様なご意向を最大限尊重いたします。

そして、新潟第一法律事務所の弁護士はわかりやすい説明を心がけています。交通事故についてご相談を受けたり打合せをする場合には、自動車の模型や骨・関節の模型を用いたり、モニターに画像を映し出して説明するなど、難解で専門的な知識をできる限りわかりやすくお伝えできるよう絶えず工夫しています。

このように、新潟第一法律事務所では、対話、丁寧な説明、信頼関係大切にしています。

新潟第一法律事務所は、新潟市、燕三条、長岡市、新発田市、上越市、東京都に事務所を設置しています。また、若手弁護士、ベテラン弁護士女性弁護士など様々な個性を持った弁護士が在籍していますので、みなさまにあった弁護士に安心してご相談いただけます。

コラム

弁護士費用特約とは?

最近の自動車保険には、交通事故の被害に遭った場合に備えて「弁護士費用特約」が付いているものが少なくありません。
この弁護士費用特約が利用できるときには、交通事故に遭ったときの弁護士費用を交通事故の被害に遭ったみなさまが加入する保険会社が負担し、交通事故の被害者本人の負担はなくなります。

弁護士費用特約より支払われる弁護士費用の限度額は、通常300万円ですが、死亡事故や重度の後遺障害が残った事故を除いて、交通事故の弁護士費用が300万円を超えるものはまれといってよいでしょう。弁護士費用につきましては、ご相談の際に弁護士にお問い合わせください。

なお、弁護士特約が利用できる場合には、当事務所の報酬規定に基づき、着手金と報酬がかかります。この着手金と報酬は、保険の範囲内で保険会社の負担となるため、保険の範囲内ではご負担はございません。
また、弁護士費用特約を利用しても等級は下がりませんので、以後の保険料が増額されることはありません。

裁判は避けたい?

「弁護士に依頼する」=「裁判になって大変」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

たしかに、交通事故の被害者が適切な賠償額を受け取るためには、裁判を起こす必要があるケースも少なくありません。
一方で、交通事故の被害に遭われた方の中には、「保険会社の示談金には納得できないけど、裁判はちょっと・・・」 という方もいらっしゃいます。

このような場合に新潟第一法律事務所の弁護士は、交通事故の被害に遭われたみなさまの意向に基づき、裁判を利用しない範囲で、交渉を進めることもできます。 したがって、「弁護士に相談すること」=「裁判」ではありません。
なお、裁判をするとしても、交通事故の場合は、和解手続きで終了するケースもありますし、むしろ裁判をしたほうがよりよい結果が得られる場合もあります。
いずれにしても、個別のケースにごとに、弁護士から十分に見通しなどを説明した上で、あなたが納得する解決方法を選択していただくことになります。

弁護士法人 新潟第一法律事務所

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

保険会社から示談案が提案されている方へ 損害賠償金無料診断サービス

すでに「保険会社から示談案が提案されている方」へのサービスです。相談時に、保険会社から提案されている示談案をご持参頂くと、弁護士との面談の上で、その内容が適切なのかどうか、また、裁判基準に基づく賠償金額の目安を示すサービスです。
当事務所では、事情をお聞きした上で、より適切な賠償額の見通しを示すために弁護士がご本人と直接面談の上で、診断結果をお知らせしています。

Q. 電話での無料相談はやっていますか?
A. 当事務所では、電話相談は行っていません。弁護士が、交通事故の問題について適切な相談を行うためには、弁護士が直接、実際に事故に遭われた被害者に面談し、状況を確認する必要があると考えているからです。

悩むよりも、まずご相談ください悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

相談料無料 無料相談する

フリーダイアル 0120-15-4640

お電話からのご予約はこちら フリーダイアル 0120-15-4640

相談料無料 無料相談する

受付時間
9:00~17:00 -
17:00~19:00 - - -

Copyright(c) Niigata Daiichi Law Office

弁護士法人 新潟第一法律事務所
Copyright(c) Niigata Daiichi Law Office

ページの先頭へ
頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足