弁護士法人 新潟第一法律事務所 新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

新潟交通事故 被害者無料相談

MENU

MENU

コラム

2017.07.28

新潟県で行われている〈夏の交通事故防止運動〉のポイント|その3「シートベルト・チャイルドシートの着用の徹底」

夏の交通安全運動が行われています

新潟県では、7月22日から29日までの間、<夏の交通事故防止運動>が行われています。

 

テレビでは、見附市で保育園児が特産物のナスを配って「事故なし」をアピールしているという報道がされていました。

 

事故なし

 

今回の交通事故防止運動では、次の3つが活動の重点とされています。

  • 「飲酒・疲労運転の根絶」
  • 「横断歩行者の保護」
  • 「シートベルト・チャイルドシートの着用の徹底」

今回は、3つ目のポイントである〈シートベルト・チャイルドシートの着用の徹底〉についてご案内します。

後部座席でのシートベルト着用は依然として徹底されていません

シートベルトの着用率の推移を見ると、2005年に比べると一定して上昇していることがわかります。

 

2008年には後部座席におけるシートベルトの着用が義務化され、着用率が飛躍的に上昇しました。

しかし、特に一般道における着用率は依然として低い数字に留まっています。

 

 

シートベルトの着用率

出典元:「シートベルト着用状況調査(2016)

 

平成28年10月に行われた新潟県警察と日本自動車連盟(JAF)の合同調査によると、新潟県における運転者のシートベルトの着用率は98.2%でした。

そして、運転席における交通事故の死者のうち46.4%はシートベルトを着用していませんでした。

 

また、後部席同乗者のシートベルト着用率は、高速道路では70.6%、一般道では43.7%という低い数字でした。

 

シートベルトはドライバーと同乗者を守る命綱です。

万が一の事故に備えて、一般道、高速道路を問わず着用を徹底しましょう。

 

 

 

交通事故|新潟の弁護士による無料相談

ご相談のご予約は、

フリーダイヤル 0120-15-4640

または ホームページ内の 申込予約フォーム から。

弁護士法人 新潟第一法律事務所

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

あなたの笑顔を第一に。地域の皆様とつながりながら、輝く未来につなげるために、納得と安心のリーガルサービスをご提供いたします。

保険会社から示談案が提案されている方へ 損害賠償金無料診断サービス

すでに「保険会社から示談案が提案されている方」へのサービスです。相談時に、保険会社から提案されている示談案をご持参頂くと、弁護士との面談の上で、その内容が適切なのかどうか、また、裁判基準に基づく賠償金額の目安を示すサービスです。
当事務所では、事情をお聞きした上で、より適切な賠償額の見通しを示すために弁護士がご本人と直接面談の上で、診断結果をお知らせしています。

Q. 電話での無料相談はやっていますか?
A. 当事務所では、電話相談は行っていません。弁護士が、交通事故の問題について適切な相談を行うためには、弁護士が直接、実際に事故に遭われた被害者に面談し、状況を確認する必要があると考えているからです。

悩むよりも、まずご相談ください悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

相談料無料 無料相談する

フリーダイアル 0120-15-4640

お電話からのご予約はこちら フリーダイアル 0120-15-4640

相談料無料 無料相談する

受付時間
9:00~17:00 -
17:00~19:00 - - -

Copyright(c) Niigata Daiichi Law Office

弁護士法人 新潟第一法律事務所
Copyright(c) Niigata Daiichi Law Office

ページの先頭へ
頭部 頭部 顔(目・耳・鼻・口) 首 首 肩 肩 脊髄等 脊髄等 腕・肘・手 腕・肘・手 腰 腰 骨盤等 骨盤等 膝 膝 足 足 足 足